◆◆◆無料相談実施中◆◆◆

建物の修繕・増改築のトラブル

渡辺晃子.jpg
建物の修繕や増改築に関するトラブルも、借地・借家のトラブルの典型的なものです。
修繕・増改築のトラブルにはいくつかのパターンがあります。

修繕義務はどちらにあるか?

 例えば、老朽化したマンションで雨漏りがある場合、修繕義務はどちらにあるのか?というような事が問題になります。
 この場合、雨漏りのように建物の主要な構成部分については、オーナー(貸主)側に修繕義務があるとされています。
 逆に、障子やふすまの張替えなどは住人(賃借人)に修繕義務があるとされます。
 実務的には、線引きが非常に難しい部分ですので、高額な修繕に関して判断がつかない場合は、弁護士などの専門家にご相談ください。

 

■マイベストプロコラム
 弁護士・江さんの何でも法律相談「借家の屋根に雨漏りが・・・」
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7076/
 



建物の明け渡し請求・立退きについて詳しく知りたい方はこちら

◆住人が建物を壊したり、汚した場合 ◆建物の修繕・増改築のトラブル
◆住人が予定外の用途で使用した場合 ◆更新時の値上げに関するトラブル

ご相談ご予約お問い合わせ まずはお気軽に!ご相談予約お問い合わせ 詳しくはこちら 0120-7834-09お気に入りに追加
 
Access Map